直線上に配置

伝説の育毛・発毛マニュアル「黄金律T」

黄金律T

はじめの頃の私は、育毛で回復するには、男性型脱毛症の最大の原因であるDHT変換を抑えることさえできれば、簡単に育毛で回復できると思っていました。
そのため、私は5αリダクターゼ(酵素)を抑えてDHTに変換することを抑制する育毛を集中して行いました。

まずは、頭皮に直接DHT変換を抑制又はブロックできるアイテムを次々に頭皮塗布する育毛です。

私は頭皮の毛根に直接働かせるので、物理的にも一番効果があり、結果が出やすいと思ったからです。
しかし、頭皮塗布によるDHTの変換抑制・ブロックでは産毛までは生えるが毛は弱々しく、やがて簡単に抜けてしまいました。

効果の程は、少し良くなったり、悪くなったりの繰り返しでマイナスでは無いが、私が求めて
いる様な回復ではありませんでした。
なぜ、直接頭皮の毛穴から働かせていたのに効果はイマイチであったのか?

そう、私は有効であるDHTの変換を直接抑えることだけに集中していたのです、そして重要である肝心で大切なことを忘れていたのです。

それは、男性型脱毛症のもう1つの大きな原因であるDHTの感受性に敏感な人はハゲるということです。
いくら有効なアイテムを頭皮塗布しても一時的に抑制しているだけの事であり、DHTに対する感受性までは変わっていなかったのです。

育毛で回復させるためには、DHTの感受性に敏感な体質までも変えることが必要であるということです。
そのためには、体の中からDHTの感受性に敏
感な体質を徐々に変えていく体質改善が、絶対
に必要であるいうこと。
頭皮塗布では、回復の補助は出来るが体質改善まで出来ないという事です。
そうです!最も大切なキーワードは体の中から徐々に体質を変えて行くということです。

本当の意味の定着した回復をさせるためには
当然、体の中から体質までも変えて行かなくては、本当の育毛での飛躍的な効果は期待できません。

私が、知る限りでは時間が掛かり耐性もあるが、体の中から徐々に体質改善できるものはフィナステリドとソーパルメットであると思います。
(注意:女性はフィナステリドを絶対に使用してはいけない。)
そして、日頃から体質改善の努力を怠ってはいけません!

それは、脂症の体質を変えていく事にも似ています。普段の生活や飲食から5αリダクターゼを抑え、DHTの変換の抑制効果があるものを食べ摂取し続けることです。
一見、食べ物や飲み物ぐらいでと感じ取れますが、毎日の積み重ねは、自分でも気が付かないくらいのほんの少しずつですが、貴方の体質を変えてくれます。

体質は急激に変える事はできません、時間を掛けてゆっくり徐々にハゲ体質を変えて行くしかないのです。

そのためには、私は安全な天然成分であるソーパルメットを推奨していますが、フィナステリドも体質を変えて行くのには有効です。

いずれにしろ、体の中から安全に時間を掛けて徐々にDHTの感受性に敏感な体質を変えて行かなくては、育毛の成果は上がりません。

しかし、健康的にうまく体質を変えられたら、貴方の回復は今までと全く違った安定した回復を得られます。
このことは、本当の意味の回復をするための、絶対条件です!忘れないでください
トップ アイコントップページへもどる

次へ
直線上に配置